相談する

飲食店開業の知恵袋

鮮魚の産地直送は本当に安い?漁師直仕入れの水産業者が注意点を解説! | 魚のことなら片山水産

#飲食店開業の知恵袋

近年、少しずつ増えてきている魚介類の取引方法が産地の漁師や販売業者から直接購入する「産地直送」。市場の流通でいくつもの業者を経由せずに直送で配送していることから、価格や鮮度の面で優位性があると言われています。

しかし、産地直送であれば必ず安い、品質が良いというわけではなく、気を付けるべきポイントがいくつかあるのも事実です。産地直送仕入れで後悔した方、産地直送で購入してよいか迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

本記事では九州で魚を扱って40年、漁師直仕入れの魚も扱う片山水産の代表が鮮魚の産地直送で気を付けるべきポイントを解説します。

産地直送で本当に良い鮮魚を購入するコツがわかりますので、ぜひご覧ください。

一般に言われる産地直送のメリット

産地直送のメリットは「安さ」と「鮮度」と言われています。一般的な流通経路である市場流通と比較し、2つの面で有利な理由を見ていきましょう。

市場を介していないので安い

市場を介する場合、間でいくつもの業者を通しています。例えば、地元の市場で仕入れている業務用スーパーなどの小売店で購入する場合、以下のような業者が間に入っているのです。

地元の漁師→地元の卸売業者→地元の仲卸業者→現地の卸売業者→現地の仲卸業者→小売店

それぞれの業者のやり取りの中で中間マージンや送料で価格が上がってしまうため、元々の価格と比較してどうしても価格が高くなってしまいます。

地元の漁師、もしくは仲卸業者などから購入する産地直送の場合、送料や中間マージンの点から価格競争力があるのです

産地直送なので鮮度が良い

間にいくつもの業者が入ることのデメリットは価格だけでなく、鮮度の面でも出てきます。

業者間での取引の間にいくつかの市場や小売店を経由する間に時間が経ってしまう可能性が高いため、鮮度が落ちやすいのです。

産地直送の場合、水揚げされてからラグなく輸送することが可能なので、新鮮な状態でのお届けが可能です。

気を付けたい産地直送のデメリットや注意点

上手く活用できるとメリットの大きな産地直送ですが、注意点やデメリットもあります。

必ずしも安いとは限らない

産地直送の魚は実は必ずしも安いとは限りません。産地直送が市場よりも安いと言われている理由は、漁師や漁師に近い現地の業者と直接取引できることで送料や中間マージンが抑えられることです。

しかし、産地直送の場合、鮮魚の価格は販売する業者が直接決めます。そのため、市場で流通している鮮魚よりも実は割高である可能性も考えられるのです。

産地直送は市場よりも安く購入できる可能性のある購入方法ですが、逆に割高な取引となるリスクもあるため注意しましょう。

実は鮮度が良くない場合がある

同様に、鮮度についても産地直送だから必ずしも良いとは限りません。産地直送で鮮度がバツグンなのは、水揚げされからすぐに送ることができるためです。逆に水揚げされた後何日も売れ残った訳ありのような商品の場合、産地直送だからといって新鮮なはずがありませんね。

中には、地元の業者に販売した後で売れ残ったものを通販で販売するような業者もいるため、注意が必要です。

通販での購入は魚を直接見ることができないため、しっかりとした業者を選ぶ必要があることを忘れないようにしましょう。

産地直送に対応できる漁師が少ない

現在、海鮮の産地直送も少しずつ増えてきてはいるものの、実はその取引量は農作物に比べて多くありません。その理由は賞味期限の違いによる在庫リスクの差です。

野菜や米であれば比較的期限が長いため、農家の在庫リスクは漁師に比べると高くありません。一方で鮮魚は内臓を中心に鮮度が落ちるスピードが速く在庫リスクが高いのです。そのため、産地直送を考えつつも足踏みしている漁師が多いのも仕方ない面があります。

産地直送で魚を購入したいと思っても対応できる漁師、業者を探すことにそもそも苦労するかもしれません。

失敗しない産地直送での鮮魚購入のコツ

注意点がいくつかあるように、産地直送仕入れだからといって必ずしも安い、新鮮、美味しいとは限りません。しかし、優良な業者を選べば確実にメリットが大きいのが産地直送。

そこで、産地直送の購入で失敗しないためのコツを解説します。

発送スピードを大切にしている業者を選ぶ

産地直送の最大の価値と言っても過言ではないのが、鮮度バツグンの状態でお届けできることです。ただし、鮮度が良い状態で商品を受け取るためには、産地から水揚げ後、すぐに発送されている必要があります。

業者が水揚げからどのくらいの時間で発送しているのかは最重要ポイントの一つです。

処理や梱包の質も重要

鮮度の維持には水揚げから発送までの時間だけでなく、梱包の状態も重要です。極論ですが、水揚げされてすぐに発送された鮮魚でもダンボール箱で常温で送られてきたような商品は受け取りたくないですよね?

鮮魚は締めたの処理や梱包の仕方によっても鮮度が維持できる期間が大きく異なります。丁寧に締めて梱包する業者を選ぶようにしましょう。

魚の質にこだわる業者を選ぶ

本当に美味しい魚を購入するためには魚そのものの質も重要です。特に数キロ単位の大きさのある魚の場合、同じ魚種でも個体によっても味に差があります。

良質な鮮魚を仕入れるためには鮮度だけでなく、素材の質そのものにもこだわっている業者を探すことが重要なのです。

ホームページを大切にしている業者を選ぶ

インターネットを通じて購入する場合、ホームページが充実しているかは大切な判断指標です。

一見、商品の質とホームページの質は関係ないと思われるかもしれません。しかし、Webを通じた産地直送の場合、ホームページはいわば店舗のようなものです。直接購入する場合でも汚い店、ごちゃごちゃした店よりは清潔で整っている店舗で購入したいですよね?

  • サイトが見やすいか
  • 購入者目線重要な内容を発信しているか
  • 季節により旬の商品を取り扱っているか
  • 適度な頻度で更新されているか
  • 価格が明示されているか
  • 特定商取引法の記載があるか

上記のようなポイントを重視しながら優良と思われる店舗を探してみてください。1つのサイトを見ても判断がつきにくい場合、検索結果に表示されるページを見比べてみるのもおすすめです。

九州の産地直送なら片山水産にお任せください!

九州の魚介類の産地直送は片山水産にお任せください。選び抜かれた良質な商品をどこよりも早く、どこよりも安く、お客様のもとにお届けします。

スピード&品質!圧倒的な鮮度へのこだわり

片山水産では産地直送の強みを活かせる鮮度へのこだわりには絶対の自信があります。

当日水揚げされたばかりの鮮魚を地元の市場(長浜鮮魚市場)もしくは漁師から直接仕入れ、お客様のもとに配送。関東も空輸便を使うことで最短水揚げ当日のお届け(前日までのご注文が必要です)ができます。

もちろん配送の質にもこだわり、丁寧に締めて完璧な状態で梱包して配送。鮮度バツグンの状態でお届けする努力を欠かしません。

この道一筋40年!魚のプロによる目利き

お客様に美味しい魚をお届けするために鮮魚の質にもこだわりぬきます。片山水産がお届けする魚は鮮魚を扱って40年の代表、片山自身が直接目利きして仕入れた良質な個体のみ。商品を直接見て選べなくても安心してご利用いただけます。

飲食店目線でのインターネット店舗づくり

代表の片山は水産業者であると同時に、福岡の海鮮居酒屋をプロデュースしております。そのため、飲食店目線でのわかりやすいホームページ作りを心掛けています。

他にも魚の基礎知識や美味しいレシピなども発信しているのでぜひご覧ください。

業界最安水準!地元密着の仕入れルートを活かした価格競争力

片山水産は市場の各業者だけでなく、地元の漁師ともつながりを持ち、良い条件で仕入れることができます。産地直送の仕入れコストの低さを活かし、お客様にも安価に商品をお届けすることができるのです。

例えば、東京の店舗様が購入する場合、豊洲市場で仕入れるよりも平均して2割程度割安価格で提供しています。

まとめ

鮮魚の産地直送のメリットと注意点について解説しました。産地直送は業者選びを間違えると不満を抱える結果になりかねません。しかし、しっかりとした業者を探すことができれば鮮度、品質、価格などの面で大きなメリットを受けられるのも事実です。

今回解説した内容も参考に、優良な産地直送の業者を探してみてください。

片山水産では九州の良質な鮮魚をどこよりも早く、どこよりも安くお届けします。一度ご注文いただければ徹底したこだわりが伝わるかと思いますので、ぜひお試しください。小ロットでの鮮魚セットなどお気軽にご注文いただける商品もご用意しています。

お問合せ・相談 – 九州・玄界灘の魚の仕入れなら片山水産〜飲食店卸専門〜 (katayamasuisan.co.jp)

一覧へ戻る
お得便の種類を見てみる メールで相談してみる